宝石選びが大切

17年06月08日

プロポーズの際には欠かせないリングですが、より品質の良い婚約指輪を贈る為にはどのように選べばよいのでしょうか。エンゲージリングの相場は20万円~40万円ほどといわれており、何かしらの宝石があしらわれています。より品質の高いエンゲージリングが欲しいのであれば、使われている宝石の品質が一つの基準となるので、いくつか候補を絞り込んだら、より宝石の品質が高い商品を探してみましょう。

エンゲージリングには様々な種類の宝石が使われています。特に多いのがダイヤモンドで、値段が高くなるにつれて、品質の高いものとなっていきます。エンゲージリングを選ぶ際は、ダイヤの品質は鑑定書で確認することが出来、透明度やカットの方法などを基準にして決められています。鑑定書の評価が高いものであればあるほど、透明度が高く、カットが細かく行われており、光の反射度合いなどが変わります。

非常に安いダイヤとエンゲージリングで使われるダイヤとでは、その輝き方は大きく異なるといわれていますが、さすがにある程度レベルが近づくと、素人目には判断が難しくなります。それだと比較をするのも困難なので、ある程度の輝き方や透明度が拮抗していれば、大きさを基準にして選びましょう。基本的には大きいダイヤは品質が高いものが多く、見た目の満足度も大きいので、多少品質に劣るものを選んだとしても、多くの女性は満足してくれるでしょう。