理想に近いものを

17年06月13日

エンゲージリングは婚約の証として使われるものですが、その見た目は非常に華やかなものが多く、結婚後はファッションとして身につける方も多いです。マリッジリングと比べると使用頻度は少ないものの、大事な席で身につけるなど、より目立つ場面で使われるため、彼女が自慢できそうな指輪を用意しておきたいところです。より高品質なエンゲージリングを探すのはもちろん、一番喜んでくれる方法を考えましょう。

エンゲージリングは販売している宝石店などで価格が変わりますが、最近は20万円~40万円ほどとされています。価格は様々な条件で変わりますが、基本的には品質の高い商品が高くなるのが一般的です。高い商品はおのずとカットが細かい大きなダイヤを使ったり、デザインにこだわっていたり、誕生石も一緒にあしらっているものなど、手の込んだものがたくさん揃っています。まずはこうした高品質な商品をじっくり確認しましょう。

品質の高い商品の選び方としては、宝石類の鑑定結果や、製作しているデザイナーの知名度、実際に商品に施されたデザインなど、様々な要素を踏まえつつ、より高品質だと思える商品を探しましょう。また高品質であっても、プロポーズされる側が喜んでくれないと意味がないので、まずは女性目線で好みの商品を選び、その上で過去の傾向なども参考にしつつ、より彼女が喜んでくれそうなエンゲージリングがどんなものか一度じっくり目を通した上で、品質が高く、より強く自分たちが考える理想のイメージに近い物がないか探してみましょう。

宝石選びが大切

17年06月08日

プロポーズの際には欠かせないリングですが、より品質の良い婚約指輪を贈る為にはどのように選べばよいのでしょうか。エンゲージリングの相場は20万円~40万円ほどといわれており、何かしらの宝石があしらわれています。より品質の高いエンゲージリングが欲しいのであれば、使われている宝石の品質が一つの基準となるので、いくつか候補を絞り込んだら、より宝石の品質が高い商品を探してみましょう。

エンゲージリングには様々な種類の宝石が使われています。特に多いのがダイヤモンドで、値段が高くなるにつれて、品質の高いものとなっていきます。エンゲージリングを選ぶ際は、ダイヤの品質は鑑定書で確認することが出来、透明度やカットの方法などを基準にして決められています。鑑定書の評価が高いものであればあるほど、透明度が高く、カットが細かく行われており、光の反射度合いなどが変わります。

非常に安いダイヤとエンゲージリングで使われるダイヤとでは、その輝き方は大きく異なるといわれていますが、さすがにある程度レベルが近づくと、素人目には判断が難しくなります。それだと比較をするのも困難なので、ある程度の輝き方や透明度が拮抗していれば、大きさを基準にして選びましょう。基本的には大きいダイヤは品質が高いものが多く、見た目の満足度も大きいので、多少品質に劣るものを選んだとしても、多くの女性は満足してくれるでしょう。

エンゲージリングの品質

17年06月07日

エンゲージリングは結婚を記念する大事なものです。だからこそ慎重に選びたいところですが、普段アクセサリーを買う経験がない男性にとっては、選ぶ基準もわからず、予算組みなどにも苦労することも珍しくありません。エンゲージリングを選ぶ基準としては、相場の20万円~40万円ほどを一定の基準として、そこから彼女が喜んでくれそうな品質の高い商品がないか探してみましょう。

エンゲージリングの品質を見る基準はいくつかありますが、中でも注目したいのが使われている宝石です。エンゲージリングに使われる宝石で特に多いのがダイアモンドで、大きさやカットの違いで品質に大きな差が出ます。さらに宝石を取り付ける台座などのパーツも、デザイナーの個性が光る大事なポイントなので、出来る限り多くの商品を参考にして、彼女の好みに合いそうなものを探しましょう。お店によってはオーダーメイドやセミオーダーも可能なので、そちらも有効活用してください。

エンゲージリングの品質は重要ですが、それで満足度が変わるとは限りません。多少のダイアモンドの品質の違いは素人目にはわかりにくく、品質が高い代わりに値段が高く、デザインが好みに合わないものも出てくるでしょう。品質だけに気を取られず、相手がもらって喜んでくれそうなものを探すことも大切です。予算内で出来る限り品質の良いものを探しつつも、デザインの好みやファッションの傾向なども加味して、これだと思えるエンゲージリングを探しましょう。